『見てきたぜ!東京タンバリンを!』
b0108899_20077.jpg

どうも。ニッポンの河川・ぜ、という語尾にビックリマークを足すことで、みなぎる活力を表現しようとする係、光瀬 指絵ですぜ。こんばんは。


同時に、「です」に「ぜ」を足すとなんだか下衆な感じになるなあ〜という事を発見する係もたった今兼任しましたぜ、旦那。

ですぜ、とくりゃ旦那、ですよね。続く言葉は。なぜだか。


そんな日本語の不思議を探求する多忙な日々の合間を縫って観劇。三鷹で東京タンバリンを。

タンバリン主宰・高井浩子さんは素晴らしい方です。なぜなら、毎回河川を見にいらして下さり、言うに事欠いて面白い!!とおっしゃって下さるからです。

いやおっしゃらなくとも勿論素晴らしい方ですよ!勿論!でも既に素晴らしいのに、その上ドブ劇団を支持して下さるなんてねえあなた。そりゃもうねえ。うふ。

そんな高井さんと、先日初めてご一緒させて頂いたのです。光瀬構成員は。

いつもお世話になってるいる、ニブロール矢内原美邦隊長の呼びかけで急遽行われた、チャリティのイベントで。

美邦さんやニブロールのダンスの他は、燐光群・坂手洋二さん、遊園地再生事業団・宮澤章夫さん、そしてタンバリン高井さんの演出の作品が上演されました。


我等、高井チームは清水邦男さんの『楽屋』を朗読劇いたしました。


名前は勿論聞いた事のある、かの有名な『楽屋』。初めて読んだ光瀬構成員の感想は、「有名な話ってやっぱ面白いんだな!!しかも凄く!!!」でありました。


いやー正直ビビりました。恥入りました己の無知無学さを。はい。

本当に、面白かった。有名なもの残っているものには理由がある、と改めて痛感。勉強せねばと猛省。今から急いで世界の中心で愛を叫ぶを読みます。はい。


そんな、楽しく貴重な朗読劇体験をさせて下さった高井さん。の本拠地タンバリン。の看板俳優・ミスターフェミニン(なんだそれ)こと、瓜生王子!!

以前三鷹でご一緒させて頂いた時から、とても仲良くして頂いている。ゆっくり呑むのは久し振り。

『指なんかきれいになったんじゃな〜い?』と感涙賄賂必至もののお言葉。『前はなんかもっと乞食みたいだったよね〜。』とのこと。


瓜生先輩、ありがとう。初めて知りました。先輩に、乞食みた〜いと思われていたことを。


お芝居は今までみたタンバリンの中で一番好きだったぜ!誠実だったぜ!でも今から行きたいと思っても無駄だぜ!見に行ったのはもう1週間以上前だからなー!もうとっくに楽日を迎えてるんでゲスぜ旦那。

以上。ニッポンの河川、乞食担当・光瀬 指絵からの活力溢れる観劇報告でしたー。
[PR]
by n-no-kasen | 2011-05-30 20:00 | 光瀬指絵
<< 『見てきたわ…。城山羊の会を。』 『東京は暑いですねーーー!!!』 >>