カテゴリ:福原充則( 17 )
大きなものを破壊命令
大きなものを破壊命令日記

8月14日
最終日。
お客さん、いっぱい入ったなぁ。
褒められたり、貶されたり、泣かれたり、寝られたり。
感想・リアクションはいろいろですな。
とにかく暑い中、ありがとうございました。
あんまり暑いので、冷え冷えの劇場を提供するだけで、充分サービスした気にもなりました。


8月13日
2日連続で朝9時から打ち合わせ。
なんだろうか、この忙しさ。最近、寝不足だと筋肉痛に似た症状になるんだけど、
私は大丈夫?


8月12日
3日目。
朝9時から打ち合わせ。
その後、とあるオーディション。
小屋入り。演技を少々手直し。照明を少々手直し。スイッチの移動。
開演まで遅れに遅れている某件こなし、本番見る。
アフタートーク。矢内原さんと。実は「はじめまして」の関係でしたが、
楽しく、そしてとても興味深く話が聞けた。嬉しい。
半ジョッキ飲む。帰宅する。明日再度9時からの打ち合わせと、秘術・遅れ某件のため、
にゃにゃにゃのにゃ。


8月11日
2日目。
終演後のアフタートークにブルドッキングヘッドロックの喜安さんをお招きして。
喜安さんとあらたまってちゃんと話したことがあるのは2回だけ。
一回目は以前、ブルのアフタートークに僕がゲストで呼ばれた時。
二回目が今日。
人様の目があるところでしか、しっかり喋ったことのない二人。
でも勝手に信頼してるんです。
今日も丁寧に話を盛り上げてくれて助かりました。感謝。


8月10日
初日でした。
とりあえず改造した機材は無事。
全ステージ持つか…。


8月9日
一日の半分を脚立の上にて過ごす男。

8月8日
小屋入り。
劇場の方に助けられ、というか昇天させられる勢いで手伝ってもらってしまって、いやぁ情けない。
でも救われた。


8月7日
稽古最終日。
シーンを作り直したりしてたら退館時間。
粘ると急にポロッと出来たりする感覚。
そして出来たと思っていたシーンが蜃気楼な感覚。


8月6日
あ、全然日記書いてない。
とにかく今、言えることは稽古場が臭いってこと。とんでもなく。
あと公演前半はお席がほぼないので、後半来てよってこと。


8月1日
新しい照明を試したら綺麗だった。
稽古が照明や音響の話で半分以上潰れていく。
毎度のことだが困ったちゃん。


7月26日
役者さんが真面目な顔して稽古しているので、
なんか休憩が取りづらくて、困りました。
大事な電話がかかってきたふりをして、稽古場を出てみた。
夜空が綺麗だった。


7月24日
コツコツ稽古している。
コツコツやるしかないなぁ、と改めて思う。
河川のお芝居は、自分がやっている他の芝居と全く違う作り方をしていて、
毎回手探りだし、サービス精神もゼロ。
なので、チケット代も控えめにしてます。
この芝居にいくらの値段つけていいかわからないのですよね。
アンケートで聞こうかな、「見終わった今、妥当だと思うチケット料金はいくら?」


7月23日
あ、もう稽古も中盤だ。
宣伝も兼ねて、毎回稽古場日記を書いていたのを忘れていました。
今日はお休みの役者さんの代役で台詞を読みましたが、
俺はもうダメだな、役者は。
[PR]
by n-no-kasen | 2011-08-12 01:49 | 福原充則
大地をつかむ両足と物語
『大地をつかむ両足と物語』の稽古場日記

2月20日
楽日。

面白かったら覚えていてね。
つまんなかったら忘れてね。
忘れたら、また見に来てね。


2月19日
この期に及んで台詞をかなりいじるマン。
打ち合わせで本番見てないマン。


2月18日
ヘリコプターが壊れる。
ビニテで直したら、意外にも普通に飛んだ。


2月17日
1シーンを、あっさりカット。


2月16日
二日目。
2シーンほど、バッサリカット。


2月15日
初日である。
久々に会場ギリギリまで作業してました。
本番中、トラブルが20000回ほど起きたが、僕は大丈夫。見てるだけだから。
なんでそんなにトラブルが起きるのかは、2300円払ってみてくれればわかります。
いえい。
見てね。


2月14日
小屋入り。仕込み。
どんな舞監さまにお願いしても、トラブルが起きるのが仕込みだけど。
今回はもちろんノースタッフ河川なので、トラブルしか起きなかった。
憤死するかと思った。
「俺達、トラブルメーカーだぜ」とカッコつけたら雪が降った。
今夜の雪は俺が降らせた。


2月13日
今日は来客の多い稽古場であった。
帰り道でヤンキーと喧嘩になった。
いやん。疲れてるのに絡まないで。


2月12日
黙々と稽古マン。


2月11日
今日から某スタジオで。
好き勝手やるのも度胸が必要だな、と思った。
日頃サービス、サービスと思ってやっているので。


2月5日〜10日
ただただ稽古して、他にも仕事して、稽古場で一回倒れて、
それを大袈裟に周囲に言い過ぎて心配されすぎて、困ってたら、
日が過ぎた。
まじ、おれ、げんき。


2月4日
新しい照明を導入。
稽古場で電線切って、つないで、工作は楽しい。


2月3日
隣の稽古場の声が筒抜けで、
「♪京王線で、京王線で、毎日毎日痴漢をしたよ〜」という歌を歌っていた。
ゴキブリコンビナートかと思った。


2月2日
「仏の福原」と一部で有名な私ですが、今日は役者をいっぱい怒った。
俺、人を怒るボキャブラリー、結構あるなーと思いながら怒った。


2月1日
実家に帰る。


1月31日
昨夜から朝八時まで、別件の仕事。
稽古休みなので、倒れるようにネムール星人。


1月30日
「息吹」のもう一人、碓井君も稽古場に。
稽古を手伝ってもらう。
島忠で照明をいろいろ買い付ける。


1月29日
何度も芝居を一緒に作っている、「息吹」の三土さんが稽古場に来る。
ブランクを感じたので、ネチネチと嫌味を言ってみる。


1月28日
見に行きたい芝居が色々あるが、全部やめて稽古。
みなさん、ごめんなさい。


1月27日
稽古後、打ち合わせ。
年上の先輩方としか飲まなくなったなぁ。
年下にまるで慕われないなぁ。


1月26日
普通に稽古する。


1月25日
稽古場にて、そろそろ舞台上に置く、
照明のスイッチの配置を探りだす。
河川の芝居は役者が照明を操作するので、その辺が大変。 


1月24日
稽古休み。
黙々と仕事する。


1月23日
稽古を休んで、講師をしている学校で授業。
若者はみんな鳩のような目をしているね。
とか、「若者」を「若者」くくりで語りだしたらお年寄り。


1月22日
稽古後芝居を見る。ルデコ1F。
通りに面したガラス張りの壁をバックに行われる芝居だったので、
芝居中も通行人が見えるのだが、
けっこういいシーンで、さっきまで一緒に稽古してた光瀬指絵が、
アホ面で通り過ぎたので、脱力した。

芝居は面白かった。セキララ。寺西麻利子嬢はやはりいい役者だなぁ。


1月21日
稽古休み。
人生で二番目に高い買い物をする。


1月20日
別の脚本を黙々と書く。


1月19日
「そろそろ照明を作らなくては」、とホームセンターを見て回る。
ニッポンの河川は、照明を(全部じゃないけど)手作りしてるのだ。
一番、楽しい時間。
あとは地獄。


1月18日
稽古を休む。
役者のみで稽古してもらう。
そういう時、役者は大体演出家の悪口を言うものだ。


1月17日
昨日まで稽古場が異様にカビ臭かった。
今日、稽古前に掃除業者が作業してくれたが、
今度は防虫剤みたいな匂いになった。異様に。


1月16日
稽古が始まって何日かすでに経ちますが、
まぁいつもの通り、とてもチームワークの悪い三人でして、
客演の竹井さんに迷惑をかけながら稽古しております。

昨日は竹井さんの童貞喪失話を聞きました。聞きたくなかった。



◆チケット取り扱い
《ニッポンの河川》
チケット予約フォーム (PC・携帯)⇒クリック

《電子チケットぴあ》
0570-02-9999 http://pia.jp/t/ (PC・携帯)[Pコード:409ー591]
[PR]
by n-no-kasen | 2011-01-17 00:30 | 福原充則
忘れてた
「三代目明智小五郎」という深夜ドラマの脚本書きました。
地域によって放送時間が違うのでコチラで確認してください。

1、2、5、6、9、10話を担当しております。

普段芝居やってる身からすると、タダで創作物を見せれる環境ってなんかすごいと思います。
テレビって!タダ!
[PR]
by n-no-kasen | 2010-04-22 16:02 | 福原充則
墓場、女子高生
ENBUゼミ卒業公演『墓場、女子高生』

@笹塚ファクトリー

日程2010年3月9日(火)19:00~
2010年3月10日(水)14:00~/18:00~

作・演出福原充則(ピチチ5)

出演阿部仁美 石原美幸 小野寺愛 川本直人 近藤なつみ 酒井恵里 田川香菜子 田村篤史 中根道治 長藤粧子 藤井牧子 本間伸和 松山みのり 三橋亜耶野 森下由美子

詳細はこちら
[PR]
by n-no-kasen | 2010-03-04 22:03 | 福原充則
親族代表
私、福原はコントユニット親族代表の10周年公演「渋々」の作・演出をしております。

河川ファンの方にも、オススメ出来る作品にしあがりましたので、
見に来ればいいのではないでしょうか?

森谷の芝居ばかり観てるんじゃないよ。

親族代表、詳しくはこちら
[PR]
by n-no-kasen | 2009-12-13 23:17 | 福原充則
稽古日誌
12月28日
最終日だってのに、延々修正。
台詞も直す。
今まで全ステすべった箇所で、なんとか「やや受け」を頂く。
「やや受けた!、やや!」と思い、不満足な満足を得る。

ご来場ありがとうございました。
地方から来ていただいたお客様が思ったより多く、
様々な差し入れ(私宛ではないですが)ありがとうございます。


12月27日
事務所にて別件の仕事。
マチネは見れず。
夕方、劇場入り。楽屋で熟睡。


12月26日
ギャラリーの照明が暗い。
と、いうか暗くしてある。
ので、
終演後挨拶してくれる方の顔が見えない。
今日も顔の見えない方々とたくさん挨拶をした。
みんな、誰だったんだろう?


12月25日
何も壊れなかった。


12月24日
開場1時間前に照明が壊れた。
直した。
開演3分後に音響機材が壊れた。
直せず本番続行。
うーむ。


12月23日
開場1分前に機材が壊れた。
SニーもBックKメラも嫌いだ!
そんな初日。



12月22日
小屋入り。
なにからなにまで自分たちでやる企画。
ものすごく疲れる割に、あまり仕事がはかどらない。
明日は初日だ。


12月19日
あぁ日々が過ぎていく。
「眠眠打破」を牛乳で割って飲んでいる。



12月11日
稽古と打ち合わせ。
毎年秋はピチチで忙しいと思っていたが、
考えてみればここ4年、クリスマスも本番中だ。
12月は毎年誰かと喧嘩してる記憶があるが、今年はまだ平穏だ。



12月8日
河川の稽古場へ行く途中に、
「息吹」の稽古場があり、一時間ほど寄り道。
今まで何十本と書いてきた芸風の自分の脚本に少々呆れる。

が、これしか出来ない。ごめんなさい。



12月7日
来週本番の「息吹」のお二人を招いて合同稽古。
一つの稽古場で二つの芝居の演出をする。
私はもう、例えが浮かばないが、なんかその、何かのようだ!

「息吹」は基本脚本提供のみなので、
演出はアドバイス程度ですがお暇な方見に来てください。



12月6日
プロペラ犬も一段落(大阪公演はまだありますが)。
稽古のスピードを100段階位あげねば。

河川の女優陣は他劇団ではそこそこ頼もしいのだが、
自分の劇団では頼りない。
何故だ。相性が悪いのか。仲が悪いのか。

二月の円形劇場は即日完売のようです。
チケット取れなかった方は、こちらを観たらどうだろうか。
小さなギャラリー公演。チケットはまだある。
[PR]
by n-no-kasen | 2008-12-29 11:01 | 福原充則
お願い
『ほんのり清志郎風に、ニッポンの河川からボランティアスタッフ募集のお願いさ』

募集は一旦締め切らせて頂きます。再度、募集するやもしれません。その時はよろしゅう。

知ってるかい?
誰かの助けがなければさ、お芝居なんて出来ないんだぜ

知ってるかい?
誰かを助けることってさ、とっても気持ちがいいんだぜ

それが例え、冴えない役者と卑屈な演出家の三人組だとしてもだよ
君が誰かを助けたってことには変わりはないのさ

だからどうだい、メールをくれよ
名前と連絡先を書いて、
「ニッポンの河川を助けます」って、
そんな一文、添えてくれ

誰かに頼られるってことはさ、きっと気分がいいことさ。
それが例え、冴えない役者と卑屈な演出家の三人組だとしてもだよ
君が誰かに必要とされてることには変わりがないのさ

あと、甲州街道はもう秋なのさ

<連絡先 info_pichichi@yahoo.co.jpまで>
[PR]
by n-no-kasen | 2008-10-09 21:48 | 福原充則
ピチチ5
ピチチ5「全身ちぎれ節」

9月12日〜9月21日(16、17日休演) 三鷹市芸術文化センター 星のホール

作・演出/福原充則 

出演/

植田裕一(蜜)
碓井清喜
オマンサタバサ(ゴキブリコンビナート)
三土幸敏(くねくねし)

三浦竜一
吉見匡雄

小林由梨(B-amiru)
中島美紀(ポかリン記憶舎)

小村裕次郎
千葉雅子(猫のホテル)

詳細はこちら
[PR]
by n-no-kasen | 2008-07-22 10:20 | 福原充則
地方
福原充則脚本担当
ダンダンブエノ「ハイ!ミラクルズ」は今日から地方公演が始まります。

全国11箇所。
東京都は世田谷区の下高井戸が舞台の、ものすごく地方公演に向かない設定ですが、みなさまよろしゅう。

詳しい日程等はこちら
[PR]
by n-no-kasen | 2008-07-03 08:16 | 福原充則
企画
☆ほっとくとやらなそうな企画を公表することになり、当事者のやる気を促すためのコーナー


○一部でお知らせした「ニッポンの河川」第二回公演『テキサス・チェーンソー・マサカリ』が年内に実現するのが怪しくなってきました。

○私の脚本だけユニット「産卵シーズン」の予定が未定なので出演者と演出家と制作を募集してます。

○「墓場の女子高生」というプロットを書いたので誰か買ってください。

○二人芝居「福原充則 VS スガ死顔」を企画してます。面白い作家と素敵な演出家を募集してます。

どれも本気ですが、一年以内にはやれません。のんびりとした気持ちでご連絡ください。

ご連絡先はinfo_pichichi@yahoo.co.jpです。
[PR]
by n-no-kasen | 2008-04-02 08:27 | 福原充則