大きなものを破壊命令
大きなものを破壊命令日記

8月14日
最終日。
お客さん、いっぱい入ったなぁ。
褒められたり、貶されたり、泣かれたり、寝られたり。
感想・リアクションはいろいろですな。
とにかく暑い中、ありがとうございました。
あんまり暑いので、冷え冷えの劇場を提供するだけで、充分サービスした気にもなりました。


8月13日
2日連続で朝9時から打ち合わせ。
なんだろうか、この忙しさ。最近、寝不足だと筋肉痛に似た症状になるんだけど、
私は大丈夫?


8月12日
3日目。
朝9時から打ち合わせ。
その後、とあるオーディション。
小屋入り。演技を少々手直し。照明を少々手直し。スイッチの移動。
開演まで遅れに遅れている某件こなし、本番見る。
アフタートーク。矢内原さんと。実は「はじめまして」の関係でしたが、
楽しく、そしてとても興味深く話が聞けた。嬉しい。
半ジョッキ飲む。帰宅する。明日再度9時からの打ち合わせと、秘術・遅れ某件のため、
にゃにゃにゃのにゃ。


8月11日
2日目。
終演後のアフタートークにブルドッキングヘッドロックの喜安さんをお招きして。
喜安さんとあらたまってちゃんと話したことがあるのは2回だけ。
一回目は以前、ブルのアフタートークに僕がゲストで呼ばれた時。
二回目が今日。
人様の目があるところでしか、しっかり喋ったことのない二人。
でも勝手に信頼してるんです。
今日も丁寧に話を盛り上げてくれて助かりました。感謝。


8月10日
初日でした。
とりあえず改造した機材は無事。
全ステージ持つか…。


8月9日
一日の半分を脚立の上にて過ごす男。

8月8日
小屋入り。
劇場の方に助けられ、というか昇天させられる勢いで手伝ってもらってしまって、いやぁ情けない。
でも救われた。


8月7日
稽古最終日。
シーンを作り直したりしてたら退館時間。
粘ると急にポロッと出来たりする感覚。
そして出来たと思っていたシーンが蜃気楼な感覚。


8月6日
あ、全然日記書いてない。
とにかく今、言えることは稽古場が臭いってこと。とんでもなく。
あと公演前半はお席がほぼないので、後半来てよってこと。


8月1日
新しい照明を試したら綺麗だった。
稽古が照明や音響の話で半分以上潰れていく。
毎度のことだが困ったちゃん。


7月26日
役者さんが真面目な顔して稽古しているので、
なんか休憩が取りづらくて、困りました。
大事な電話がかかってきたふりをして、稽古場を出てみた。
夜空が綺麗だった。


7月24日
コツコツ稽古している。
コツコツやるしかないなぁ、と改めて思う。
河川のお芝居は、自分がやっている他の芝居と全く違う作り方をしていて、
毎回手探りだし、サービス精神もゼロ。
なので、チケット代も控えめにしてます。
この芝居にいくらの値段つけていいかわからないのですよね。
アンケートで聞こうかな、「見終わった今、妥当だと思うチケット料金はいくら?」


7月23日
あ、もう稽古も中盤だ。
宣伝も兼ねて、毎回稽古場日記を書いていたのを忘れていました。
今日はお休みの役者さんの代役で台詞を読みましたが、
俺はもうダメだな、役者は。
[PR]
by n-no-kasen | 2011-08-12 01:49 | 福原充則
<< 昨日の祝賀会。初日開けました!! 売行き絶好調!増席しました!!... >>