『改めまして終了報告。或いは、劇団八時半の福利厚生を検証する。』
どうも。ニッポンの河川ドサ回り担当の光瀬指絵です。ドサ指。

しかし、終わっちゃいましたよドサ回り。嗚呼、楽しかったドサ回り。

改めまして。皆様のお陰を持ちまして、私が客演させて頂いておりました劇団八時半公演『むかしここは沼だった。しろく』は 倉敷、大阪、東京の全行程を無事終了致しましたー!!

各都市で御来場くださいました、沢山のお客さま本当にありがとうございました。各地で温かいおもてなし、熱い拍手、嬉しいお言葉をたくさん頂戴いたしました。本当に。ハイ。ありがとうございました!

感謝感激感涙感謝。不肖光瀬指絵ニ等兵、此度の事は一生忘れません。最敬礼。
いや、忘れたくても忘れられるかーい!てなもんですよ。ホント。

大抵一つの公演が終わると、多少なりとも虚脱感と言うか何というかに襲われるものですが今回は特に特別。

ただの旅公演じゃあなく、稽古の為2か月京都に住んでましたからねえ。京都、本当にいい所。そして旅先からさらに旅。度々旅たび。ずーっと同じメンバーでいましたからね。同じ釜の飯を食い、汁を飲み、同じ電車に揺られた。過酷な肉体労働に、鈴江俊郎リーダーの熾烈なしごきに共に耐えた。なんちゅうか妙な連帯感もそら生まれるさー。楽しかったねえ。東京からぴょろっとやって来たどこの馬のホネとも分からぬ私に親切に、仲良くしてくれた、京都よみんなよありがとーう。

そして、奴等は、きらりんとした可愛らしい心の愉快なやつらは帰って行ったよ。京都に。無事に。多分。新幹線事故ってなければ。

別に寂しくなんかないぜ。ないぜ。ウギョー!!本当は寂しいよーしかもすごくー。

しかし。ハイおしまいよってのがあるからこその一瞬の輝きってえもんですよね、きっとね。おっとヤバイぜ!ポエティッック!私!!長いこと鈴江リーダーの傘下にいたせいかしら。鈴江病だ。それが証拠に現在私、ギンギンに発熱中。知恵熱だなこりゃきっと。あんなに長い台詞を山程言わされたせいだね。鈴江熱。今から八時半に問い合わせてみます。労災おりるか。なので今日はこの辺でー。

他の構成員の2人は、執筆やら故林広志さんコントの演出やら稽古やらに奮闘しているようなので、皆様そちらもどうぞお楽しみに〜。

【写真コメント。添付順】
b0108899_745656.jpg
※連日、怒声嬌声美声奇声の響き渡った稽古場。









b0108899_7452333.jpg
※朝靄の中。全てを成し終え打ち上げの残骸と共に眠る鈴江御大。あ、ちなみに
手前がゴミで奥が鈴江俊郎です。念のため。








b0108899_745481.jpg
※品川駅で別れの記念撮影。あばよ!
[PR]
by n-no-kasen | 2007-03-18 07:47 | 光瀬指絵
<< 『病み上がり 株上がり 駆け上... 『劇団八時半東京公演、無事!無... >>