『病み上がり 株上がり 駆け上がり 階段を 芝居も見たヨ!字余り。』
どうも。ニッポンの河川の良心、こと光瀬 指絵です。

今回のタイトルというか俳句。明らかな俳句。特に意味はありません。熱が下がって一応病み上がりではある。ちょっと韻を踏んだんですハイ。
芸術には解説解釈は不要と昔から決まってます。が、強いてするなら。ユニバーサルスタジオジャパンが東証一部上々して初値は低かったけど終値は少し高くなって関係者はほっとしてるんだってよと言うような時事ネタにも詳しいこの作者は今日道に迷って階段を昇ったり下りたりしたんだって。芝居も見たことだろうなあ。詠嘆。

みたいな事ですね。きっと。芝居見たの本当です。おしゃれな現代口語演劇集団、ハイバイを見て来ました。

リーダーの岩ちょんこと岩井氏は49年生まれぴったんこ同い年なので、妙な親近感というか楽しみ的な頑張れ的な気持ちというかナニ?こっちより面白い事やってんじゃないでしょうねえ?的な気持ちというか、そんな感じがあります。

昨年末ハイバイのワークショップなるものに参加させて頂いたのですが、超ガチンコ勝負で大変愉快でした。ボロクソにこき下ろされて爽快でしたよ私。ハイ。
非常に男らしい好感の持てる場でありました。『芸人根性を何とかしろ。卑しい。』と言われた事一生忘れないぜ、岩井!

で、前述のよな気持があるのであまり言いたくないんですがね。面白いと思います。ハイバイ。しかもとても。あーあ!言っちゃった。ちぇ。

女々しいし男らしい。叙情的かと思いきや返す刀で超現実的。可愛いらしい事、残酷な事、くっだらない事が同時に起こる、明るくて暗い独特な他にない感じの芝居。ちゅうのが私の印象です。ハイバイの。ハイ。

詳しい感想割愛しますが、今回の芝居も面白かたです。ハイ。バイ。ヒー。

この公演はもう日曜で終わちゃうよですが、プレビューつう事で、改良して五月だか六月だかにアゴラで又やるそなので御興味持たれた方は是非どうぞー。

なんつって。こんな事書くといかにもブローグっぽいでしょ?演劇人の?オメエが言わなくても見る人は見るし好きな人は好きなんだよ!て気持でいっぱいです
がね今、私。私に対して。むしろマイナスの効果かもな。ならば望むところだぜ!人の宣伝なんてしてる場合じゃなかったぜ!写真を取り忘れたので、駅に貼ってあた躍動感溢れるポスターの様子を添付します。あ、あと会場で大好きな瓜生先輩東京タンバリンにばったり会いました〜。どうだ!ブログっぽいだろ!参ったか!ウオー

b0108899_5173623.jpg
[PR]
by n-no-kasen | 2007-03-19 05:17 | 光瀬指絵
<< 本日より 『改めまして終了報告。或いは、... >>